マレーシアの地域の特徴を知り移住先を決めましょう。

マレーシア.com

ジョホールバル不動産を購入するなら

お家

これから発展が望まれるジョホールバル

ジョホールバルには、行政や金融を中心としたA地区や不動産、商業、産業等に力を入れたB地区などがあります。また、ダンジュンプルパス港を中心とした物流拠点のC地区や工業を中心に化学・電気製品などを開発するD地区があり、スナイ空港周辺地域のE地区に分かれています。5つの地区がありますが、移住する場合はB地区が中心となることが多いようです。

首都クアラ・ルンプール

クアラ・ルンプールはマレーシアの首都であり、マレーシアといったらここを思い浮かべる方も多いと思います。クアラ・ルンプールには約6000人の日本人が在住されているとされています。ペトロス・ツインタワーが発展の象徴として建設されました。

リゾートとして有名なペナン

ペナンは唯一、マレーシア内で華人系住民が大多数を占めています。リゾートが楽しめる島として有名ですが、教育機関やPC産業も発達しており、移住先としても人気があります。

マレーシア最古の街マラッカ

マラッカは人口45万人程の街で、マレーシア内で最古の歴史を誇る街です。その歴史は古く1396年に成立されたとさ言われています。ジョン・カー・ストリートと呼ばれる古めのショップが並ぶ地帯は世界的に芸術家やアーティストに人気があります。

観光施設の多いイポー

避暑地として有名なイポーは、観光地や遊楽施設が豊富です。イポーを中心に少し移動するだけで、マレーシア内の観光地であるキャメロン高原やパンコール島に行けるので、マレーシアの観光地への入り口と言われています。

日本人歓迎マレーシア

マレーシアには現在2万人の日本人が住んでいるとされていています。実際に住んでみると、文化の違いもあるそうで、少し日本人には馴染みがないことも起こる時もあります。しかし。マレーシアは日本人の人気の移住先ですので、新日家も多いです。

マレーシアに渡った方や土地所有者に聞いてみた!

治安が思ったよりも全然良いです

日本と違って、海外は治安が悪く、特に日本人は犯罪に巻き込まれることが多い印象にありました。仕事の都合でマレーシアに転勤になったので最初はとても不安に思いましたが、実際住んでみると犯罪なんてほとんど起こらないし、マレーシア人の同僚も、とても自分を歓迎してくれました!

将来のある土地に住みたかった

「イスカンダル計画」によるマレーシアのジョホールバルの急速発展しており、日本人在住者が増えてきています。2020年までには更なる発展が見込まれるので、老後はマレーシアに住むことを決めていました。

今が土地売買のチャンスです

マレーシアは日本に比べ、土地所有や売却の価格がとても安く、他国に比較して不動産規制も少ないのです。RM100万以上の物件であれば何戸でも所有することが出来ます。不動産取得の合意は2~3ヶ月で取得が可能で、今後の開発が期待される今が買い時でしょうね!

日本国籍だと無査証が認められている

私は商談のためにマレーシアに渡りましたので、90日間ビザなしでの滞在が認められています。ビザを取得する場合は、東京にあるマレーシア大使館で取得可能となっており、旅行会社でも代理申請可能なので、観光目的でのビザ取得も難しいことなく取得が出来ます。

日本に比べ物価が安い

マレーシアの物価は、日本に比べ1/3とかなり安く、日本で稼いだお金をマレーシアで使うと贅沢が出来ます。銀行の定期預金も金利がかからないので、将来はマレーシアで過ごすために、マレーシアに定期預金を作っています。

広告募集中